ポメちゃんのハナシ

よくいるジャニヲタによる独り言。

「ジャニヲタになったきっかけ」と「ジャニヲタ人生」


Twitterを始めた時にまず行った事が“熱狂的なファンのTwitterをフォローする”ことであり、当時高校生の私は手越担だったあややさんのTwitterをフォローした。あややさんは今は担当が変わっているが、今でもあややさんの文章力に魅了されるファンであり、今回の記事を書こうと思ったのもあややさんの影響である。



「ジャニヲタを始めたきっかけ」


それは私が中学2年生の頃放送されていたドラマ、「探偵学園Q」に影響された結果である。

ドラマが終了すればやがて冷めるだろうと考えていたが、9月にHey!Say!JUMPとして改めてデビューし、様々なメディアで山田くんを見る機会が絶える事なく続き、結局ドラマが終わった後も飽きる事なく山田担としてジャニヲタライフを楽しむこととなった。


「ジャニヲタ人生」


当初は、アイドル誌を購入しHey!Say!JUMPが載っているページ以外にNEWSのページを読むようにしていたが他のグループのことは殆ど分からず、本当にHey!Say!JUMPしか見えていない部類の人間であった。

山田担として、2007年下半期を過ごし2008年の夏開催されたsummaryまでずっと山田くんしか見えていない…、そんな状態だったが、この夏突然担当が変わるのである。

2008年の夏発売だった「NEWS LIVE TOUR 2007-2008 Pacific」を購入し、鑑賞し終わった途端、あれだけ山田くんに惚れてた人間があっという間に“手越くんの声が好き…!”といった具合で惚れ込む対象を山田くんから手越くんへと私の心がいつの間にか勝手に変更した。


当初は葛藤があり、“今更担当を変えるなんてなぁ”と心に嘘をつき、無理やり山田くんが好きだ、私が好きなのは山田くんだ、と言い聞かせていたがやはり気持ちは抑えられる筈もなく、2008年の夏から手越祐也くんへと担降りをした。


初めてのNEWSのコンサートは「NEWS LIVE TOUR 2008-2009 DIAMOND@東京ドーム」である。

初めて生で手越くんの歌う姿を観て、15歳にして心を殴られたような衝撃を味わい、それ以来今まで手越担としてジャニヲタをやってきた。


今が2016年という事は、単純に計算して7年半程手越担としてやっている訳だが、昨年下半期から「図書館戦争」の影響を受け、手越祐也岡田准一の間を揺ら揺らと揺れ動いている最中である。


改めて、ジャニヲタを始めたきっかけをまとめると、山田くんの顔面の美しさに惚れ込んだことであった。

後に手越くんや岡田くんに心を揺らされることから、かなりの面喰いであることや、B型男子を好むことが分かる。



一番怖いのが、“誰かしらを好きでいることが日常”になっており、それって即ち“誰かを一生応援し続ける”ことに繋がるんだろうなということです。


長々と拝読頂き、誠にありがとうございました。